デメリットをメリットに変化させる方法

フリーランスのデメリットとなっているのが働き方の変化ではないだろうか。企業に勤めているエンジニアの場合は企業の方針に従って作業をこなしている。与えられた作業だけをこなすだけで良いため、自分の役割に必要な技術を高めていくことになる。

対してフリーランスでは全ての業務をこなすことが求められる。企業に勤めているときには他の人が行っていた役割も担うことになるため、必要な技術が増えてしまう。この必要な技術の増加に対応しきれずに悩む人が多いだろう。この働き方の変化をデメリットではなく、メリットへと変えられる方法は存在する。

例えば、事前に技術を身に付けてしまうという方法が効果的だ。企業に勤めている間に他の役割を担っている人に、その役割に必要な技術を教えてもらうのである。この行動は、自分の行っていた作業について角度を変えて思考する能力も伸ばせるというメリットも得られる。他の分野の技術を身に付けられるようになれば働き方が変わったとしても対応しやすくなるだろう。

他にも自分の得意な分野にだけ絞るという方法も良い手段と言える。フリーランスのメリットは自由に仕事ができることだ。無理に苦手なジャンルに挑戦する必要はない。自分の得意なジャンルだけを極めていくことで、企業から技術力の高さを認められやすくなる。

自分の技術力の高さが認められるようになれば1つの仕事にかかる単価が上がりやすい。高単価な仕事を請け負えればフリーランスとして成功する可能性は高い。