仕事の選択が自由にできる

フリーランスはやりたい仕事だけを選びたいという人に向いている。仕事が自由に選択できることが特徴で、得意なジャンルばかりを選んでお金を稼げるのがメリットだ。企業勤めの場合は社長が決めた方針を守りながら作業を行うが、フリーランスは自分で方針が決められる。好きなことだけを行えるためストレスが溜まりにくいのも魅力的な要素だろう。

IT業界は人手不足が続いているため、優秀な人材を探している。難易度の高い仕事がフリーランスに依頼されやすいのは人手不足が原因だ。この状況は企業にとっては痛手だが、フリーのエンジニアにとってはプラスの出来事と捉えられる。自社で消化できない仕事をフリーランスに依頼するケースが増えれば、その分収入が増えやすい。

企業からの依頼を途絶えさせないためには、技術への探求心を常に持っておくことが重要だろう。常に新しい技術力を追い求め続けていることで、最先端の技術を持っていられる。技術が移り変わる度に新しい技術を身に付けていれば仕事の依頼が途絶えないだけでなく、1つの仕事にかかる単価が高くなるだろう。

フリーランスは自由に時間を利用できるのもメリットだ。自分のスケジュールは自分で管理できるため、空いた時間を好きなことに費やせる。空いた時間を技術の向上や資格の取得に使えば、さらに収入が増える可能性も考えられる。

空き時間を趣味に費やすのも良い方法だ。趣味から得られる情報を上手く利用できれば、新しい発想を生み出せる可能性も秘めている。